有馬温泉の宿泊施設・有馬温泉の歴史など、有馬温泉に関する全てが分かる有馬温泉情報館へようこそ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 有馬温泉の名産品といえば、炭酸煎餅と有馬籠、それに人形筆でが挙げられる。



炭酸煎餅は明治40年、こんこんとわき出ていた炭酸水に着目し有馬温泉の名物として誕生し

たと伝えられています。


 小麦粉を炭酸水で溶かし、砂糖と塩で味付けしただけの素朴な味ではありますが、気温、湿度

により微妙に変化する味調整に職人の技が光っています。


 販売形態としては、湿気を防ぐ為円柱形の缶入りのものや、個別包装されたものが大きな缶に

入っているもの、割れたものを袋詰めにしたもの等があります。





 有馬籠については、顕如上人が有馬温泉土産としてねねに有馬籠を贈ったとの記録がありま

す。太閤秀吉とともに有馬温泉を訪れた千利休の求めによって、茶道具として作られた竹細工

です。現在も、茶道家からの注文が多くあるそうです。


 「有馬籠くつわ」の店先では店主がしなやかな竹の特徴を生かして見事な手さばきで編み上

げ、観光客の足をとめています。





 人形筆は飛鳥時代、お子なきを嘆かれていた孝徳天皇と皇后宝皇女が有馬温泉に入湯したと

ころ、皇子が誕生し有間(有馬)皇子と名付けられました。


 これにちなんで人形筆がつくられたと伝えられています。


 文字を書こうと筆を持つと人形が顔を出す、この仕掛けの面白さとともに筆軸の美しさに目を奪

われます。つやのある色糸を「矢絣」や「市松」模様にと巻きつける。使うには惜しい美しさにて、

雛飾りに使う方も多いそうです。



ブログランキングに参加しています。応援クリックしていただければ幸いです。
FC2 Blog Ranking
ブログランキングranQ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。