有馬温泉の宿泊施設・有馬温泉の歴史など、有馬温泉に関する全てが分かる有馬温泉情報館へようこそ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  温泉寺


 薬師如来の導きで有馬温泉を訪れた僧行基が神亀元年(724)に建立。行基と仁西の木像が祀

られ、毎年1月2日の入初式の際に木像に初湯をかけて沐浴します。その他、本堂の波夷羅大将

立像(重要文化財)など多くの寺宝が所蔵されています。


 1576年に火災で全山焼失したが直ちに北政所によって再建された。 その後再び火災にあい、

1582年に現在ある薬師堂が建立された。



 しかし明治時代初めの廃仏毀釈で、1590年に豊臣秀吉が有馬大茶会を開催したとされる阿弥

陀堂も含め、薬師堂以外の堂塔は全て取り壊されてしまった。その後、廃寺となった旧温泉寺の

奥の院であった黄檗宗清涼院が寺籍を継いで現代に至っている。


 境内には資料館「御祖師庵」が設けられ、寺の歴史に関する資料が展示されている。





  湯泉神社


 有馬温泉を最初に発見したと言われる大己貴命(おおなむちのみこと、大国様です)、少彦名命(す

くなひこなのみこと)、熊野久須美命(くまのくすみのみこと)が祀られています。



 温泉神社と書かれた資料もあり、読み方も「とうせんじんじゃ」「とうぜんじんじゃ」「ゆのじんじ

ゃ」などの説がありますが、「湯泉神社」と記し「とうせんじんじゃ」と発音することが現在一般的で

す。


 『延喜式』神名帳の摂津国有馬郡には、有間神社、公地神社、とならんで「湯泉神社(ゆのじん

じゃ)」と記載されています。日本書紀に舒明天皇・孝徳天皇・白河法皇らの参拝が記録されてい

ることや、平安時代初期の延喜式神名帳492大社の一つに列せられていること等から、往時の格

式の高さをうかがうことができます。



ブログランキングに参加しています。応援クリックしていただければ幸いです。
FC2 Blog Ranking
ブログランキングranQ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。