有馬温泉の宿泊施設・有馬温泉の歴史など、有馬温泉に関する全てが分かる有馬温泉情報館へようこそ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 有馬温泉は、日本最古の温泉です。


 最古、すなわち人間がまだ土を掘る技術を持たない時代より大地の恵みを蓄え湧き出ていた

自然の温泉であるということです。技術の発達した現在でも、浅い場所(300mまで)からの採湯と

し自然の恵み(温泉の有効成分)を十分に蓄えたお湯を提供しています。


 有馬温泉は、環境省の指針により療養泉として指定している9つの主成分(単純性温泉、二酸

化炭素泉、炭酸水素塩泉、塩化物泉、硫酸塩泉、含鉄泉、硫黄泉、酸性泉、放射能泉)のうち、

硫黄泉と酸性泉を除く7つもの成分が含まれており、世界的にも珍しい多くの成分が混合した温

泉です。


 泉質は、塩分と鉄分を多く含み褐色を呈する含鉄強食塩泉、ラジウムを多く含むラジウム泉(ラ

ドン泉)、炭酸を多く含む炭酸泉があり、それぞれ、湧き出し口では透明だが空気に触れ着色す

る含鉄強食塩泉を「金泉」、それ以外の透明な温泉を「銀泉」と呼ばれている。





 自噴している金泉のエネルギーは、地中で熱せられた炭酸ガスの圧力であることが知られてい

るが、この熱源については諸説あり未だに解明されていない。




ブログランキングに参加しています。応援クリックしていただければ幸いです。
FC2 Blog Ranking
ブログランキングranQ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。