有馬温泉の宿泊施設・有馬温泉の歴史など、有馬温泉に関する全てが分かる有馬温泉情報館へようこそ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 



有馬温泉の歴史は古く、昔から皇族・貴族らに愛されてきた。日本最古泉とも言われる。




 有馬温泉の最古の記録は『日本書紀』で、631年9月に舒明(じょめい)天皇が行幸して入浴し

たとある。その後衰微したが、行基が724(神亀元)年に再興し温泉寺を建立。




温泉寺




 平安時代には白河法皇・後白河法皇も行幸されている。承徳年間(1097~99)に山津波の被

害を受けるが、1191(建久2)年に大和国吉野河上高原寺(かわかみこうげんじ)の住職仁西(

じんせい)上人が再修、薬師如来を守る十二神将になぞらえ12の坊舎を建てた。



 豊臣秀吉は有馬温泉を愛し何度も訪れ、更に温泉や周辺の改修を行い、夫人を連れてたびた

び訪れたという。今でも太閤○○と言う地名が残っている。



 江戸時代には貝原益軒(かいばらえきけん)が『有馬湯山記(ありまとうざんき)』を記し、湯治場

として繁栄した。江戸時代に作成された温泉番付では、西大関(最高位)にランクされており、

よく温まるため「子宝の湯」として知られ、県内では但馬国の湯嶋(城崎温泉)とともに江戸時代

一、二を競う名湯とされた。また、姫路と京都を結ぶ街道の経由地としても栄えていた。



 文豪谷崎潤一郎も有馬温泉を愛し長期滞在して執筆を行うと同時に、作品中にも有馬温泉

度々登場させている。




 都から近い事、設備が整っている事、名所やみやげが>多い事、湯の種類が多い事などの

数々の魅力で、江戸時代から現在まで変わらず観光客 を惹きつけている。



ブログランキングに参加しています。応援クリックしていただければ幸いです。
FC2 Blog Ranking
ブログランキングranQ            
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。