有馬温泉の宿泊施設・有馬温泉の歴史など、有馬温泉に関する全てが分かる有馬温泉情報館へようこそ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 



有馬温泉の歴史は古く、昔から皇族・貴族らに愛されてきた。日本最古泉とも言われる。




 有馬温泉の最古の記録は『日本書紀』で、631年9月に舒明(じょめい)天皇が行幸して入浴し

たとある。その後衰微したが、行基が724(神亀元)年に再興し温泉寺を建立。




温泉寺




 平安時代には白河法皇・後白河法皇も行幸されている。承徳年間(1097~99)に山津波の被

害を受けるが、1191(建久2)年に大和国吉野河上高原寺(かわかみこうげんじ)の住職仁西(

じんせい)上人が再修、薬師如来を守る十二神将になぞらえ12の坊舎を建てた。



 豊臣秀吉は有馬温泉を愛し何度も訪れ、更に温泉や周辺の改修を行い、夫人を連れてたびた

び訪れたという。今でも太閤○○と言う地名が残っている。



 江戸時代には貝原益軒(かいばらえきけん)が『有馬湯山記(ありまとうざんき)』を記し、湯治場

として繁栄した。江戸時代に作成された温泉番付では、西大関(最高位)にランクされており、

よく温まるため「子宝の湯」として知られ、県内では但馬国の湯嶋(城崎温泉)とともに江戸時代

一、二を競う名湯とされた。また、姫路と京都を結ぶ街道の経由地としても栄えていた。



 文豪谷崎潤一郎も有馬温泉を愛し長期滞在して執筆を行うと同時に、作品中にも有馬温泉

度々登場させている。




 都から近い事、設備が整っている事、名所やみやげが>多い事、湯の種類が多い事などの

数々の魅力で、江戸時代から現在まで変わらず観光客 を惹きつけている。



ブログランキングに参加しています。応援クリックしていただければ幸いです。
FC2 Blog Ranking
ブログランキングranQ            
スポンサーサイト




■有馬御苑 078-904-3730 客室80 収容人員430

■高山荘華野 078-904-0744 客室17 収容人員100

■有馬グランドホテル 078-904-0181 客室228 収容人員980

■竹取亭円山 078-904-0631 客室31

■有馬ビューホテル 078-904-2295 客室62 収容人員280

■天地の宿 奥の細道 078-907-3555 客室10

■有馬ロイヤルホテル 078-904-0541 客室44 収容人員250

■陶泉御所坊 078-904-0551

■奥の坊 078-904-0035 客室60 収容人員280

■中の坊瑞苑 078-904-0781 客室54 収容人員180

■角の坊 078-904-0771 客室39 収容人員197

■ねぎや陵楓閣 078-904-0675 客室38 収容人員180

■上大坊 078-904-0531 客室12 収容人員40

■橋乃家別館嵐翠 078-904-0825 客室9 収容人員30

■かんぽの宿有馬 078-904-0951 客室53

■兵衛向陽閣 078-904-0501 客室135 収容人員800

■ホテル花小宿 078-904-0281 客室 9

■銀水荘別館楽山 078-904-0622 客室17 収容人員90

■御幸荘花結び 078-904-0166 客室30 収容人員165

■銀水荘別館兆楽 078-904-0666 客室37 収容人員220

■ミント・リゾートイン・アリマ 078-903-0023 客室18 収容人員46

■メープル有馬 078-903-5000 客室39 収容人員88

■やまと 078-904-0386 客室20 収容人員100

■古泉閣 078-904-0731 客室55 収容人員224

■元湯 龍泉閣 078-904-0901 客室30 収容人員100



ブログランキングに参加しています。応援クリックしていただければ幸いです。
FC2 Blog Ranking
ブログランキングranQ

 有馬温泉へ電車で訪れる場合


 大阪方面からは、

 JR神戸線 姫路方面行き快速・新快速電車→三宮駅下車→神戸市営地下鉄谷上行(約10分)

→神戸電鉄三田方面行へ乗換(約15分)→有馬口駅下車→有馬温泉行乗車(約2分)

 または、阪神・阪急 姫路・新開地方面行き特急電車(約40分)→新開地駅下車→神戸電鉄三

田方面行へに乗換(約30分)→有馬口駅下車→有馬温泉行乗車(約2分)(朝夕、新開地発有馬

温泉行き直通電車有り)



 姫路方面からは、

 JR神戸線 大阪方面行き快速・新快速電車→三宮駅下→神戸市営地下鉄谷上行(約10分)→

神戸電鉄三田方面行へ乗換(約15分)→有馬口駅下車→有馬温泉行乗車(約2分)

 または、山陽電鉄 梅田方面行き特急電車→新開地駅下車→神戸電鉄三田方面行へに乗換

(約30分)→有馬口駅下車→有馬温泉行乗車(約2分)(朝夕、新開地発有馬温泉行き直通

電車有り)



 有馬温泉へバスで訪れる場合


 大阪梅田阪急三番街より阪急バスの高速バスが運行されている。特急バスを含め、休日には

15往復ほどが走っている。(片道乗車運賃1,330円)。



有馬温泉へマイカーで訪れる場合


 中国自動車道西宮北インターチェンジまたは、阪神高速北神戸線有馬口出入口、西宮山口南

出入口よりすぐ。



ブログランキングに参加しています。応援クリックしていただければ幸いです。
FC2 Blog Ranking
ブログランキングranQ


 有馬温泉の名産品といえば、炭酸煎餅と有馬籠、それに人形筆でが挙げられる。



炭酸煎餅は明治40年、こんこんとわき出ていた炭酸水に着目し有馬温泉の名物として誕生し

たと伝えられています。


 小麦粉を炭酸水で溶かし、砂糖と塩で味付けしただけの素朴な味ではありますが、気温、湿度

により微妙に変化する味調整に職人の技が光っています。


 販売形態としては、湿気を防ぐ為円柱形の缶入りのものや、個別包装されたものが大きな缶に

入っているもの、割れたものを袋詰めにしたもの等があります。





 有馬籠については、顕如上人が有馬温泉土産としてねねに有馬籠を贈ったとの記録がありま

す。太閤秀吉とともに有馬温泉を訪れた千利休の求めによって、茶道具として作られた竹細工

です。現在も、茶道家からの注文が多くあるそうです。


 「有馬籠くつわ」の店先では店主がしなやかな竹の特徴を生かして見事な手さばきで編み上

げ、観光客の足をとめています。





 人形筆は飛鳥時代、お子なきを嘆かれていた孝徳天皇と皇后宝皇女が有馬温泉に入湯したと

ころ、皇子が誕生し有間(有馬)皇子と名付けられました。


 これにちなんで人形筆がつくられたと伝えられています。


 文字を書こうと筆を持つと人形が顔を出す、この仕掛けの面白さとともに筆軸の美しさに目を奪

われます。つやのある色糸を「矢絣」や「市松」模様にと巻きつける。使うには惜しい美しさにて、

雛飾りに使う方も多いそうです。



ブログランキングに参加しています。応援クリックしていただければ幸いです。
FC2 Blog Ranking
ブログランキングranQ
  温泉寺


 薬師如来の導きで有馬温泉を訪れた僧行基が神亀元年(724)に建立。行基と仁西の木像が祀

られ、毎年1月2日の入初式の際に木像に初湯をかけて沐浴します。その他、本堂の波夷羅大将

立像(重要文化財)など多くの寺宝が所蔵されています。


 1576年に火災で全山焼失したが直ちに北政所によって再建された。 その後再び火災にあい、

1582年に現在ある薬師堂が建立された。



 しかし明治時代初めの廃仏毀釈で、1590年に豊臣秀吉が有馬大茶会を開催したとされる阿弥

陀堂も含め、薬師堂以外の堂塔は全て取り壊されてしまった。その後、廃寺となった旧温泉寺の

奥の院であった黄檗宗清涼院が寺籍を継いで現代に至っている。


 境内には資料館「御祖師庵」が設けられ、寺の歴史に関する資料が展示されている。





  湯泉神社


 有馬温泉を最初に発見したと言われる大己貴命(おおなむちのみこと、大国様です)、少彦名命(す

くなひこなのみこと)、熊野久須美命(くまのくすみのみこと)が祀られています。



 温泉神社と書かれた資料もあり、読み方も「とうせんじんじゃ」「とうぜんじんじゃ」「ゆのじんじ

ゃ」などの説がありますが、「湯泉神社」と記し「とうせんじんじゃ」と発音することが現在一般的で

す。


 『延喜式』神名帳の摂津国有馬郡には、有間神社、公地神社、とならんで「湯泉神社(ゆのじん

じゃ)」と記載されています。日本書紀に舒明天皇・孝徳天皇・白河法皇らの参拝が記録されてい

ることや、平安時代初期の延喜式神名帳492大社の一つに列せられていること等から、往時の格

式の高さをうかがうことができます。



ブログランキングに参加しています。応援クリックしていただければ幸いです。
FC2 Blog Ranking
ブログランキングranQ

 有馬温泉は、日本最古の温泉です。


 最古、すなわち人間がまだ土を掘る技術を持たない時代より大地の恵みを蓄え湧き出ていた

自然の温泉であるということです。技術の発達した現在でも、浅い場所(300mまで)からの採湯と

し自然の恵み(温泉の有効成分)を十分に蓄えたお湯を提供しています。


 有馬温泉は、環境省の指針により療養泉として指定している9つの主成分(単純性温泉、二酸

化炭素泉、炭酸水素塩泉、塩化物泉、硫酸塩泉、含鉄泉、硫黄泉、酸性泉、放射能泉)のうち、

硫黄泉と酸性泉を除く7つもの成分が含まれており、世界的にも珍しい多くの成分が混合した温

泉です。


 泉質は、塩分と鉄分を多く含み褐色を呈する含鉄強食塩泉、ラジウムを多く含むラジウム泉(ラ

ドン泉)、炭酸を多く含む炭酸泉があり、それぞれ、湧き出し口では透明だが空気に触れ着色す

る含鉄強食塩泉を「金泉」、それ以外の透明な温泉を「銀泉」と呼ばれている。





 自噴している金泉のエネルギーは、地中で熱せられた炭酸ガスの圧力であることが知られてい

るが、この熱源については諸説あり未だに解明されていない。




ブログランキングに参加しています。応援クリックしていただければ幸いです。
FC2 Blog Ranking
ブログランキングranQ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。